業種

建設工事会社

建設工事会社
業種
建設業
課題
導入前
・発注業務、買掛支払業務、売掛入金業務、財務会計業務のそれぞれが連携されないシステムのため管理業務が煩雑になり、月次業務に多くの時間を掛けていた。
・予算計画、実績管理が業務管理の情報を利用するために時間がかかりタイムリーな管理が出来ていない。また、請求ベースの実績集計で予実管理が翌月になるのが通例となっていた。
導入後
・発注業務、買掛支払業務、売掛入金業務、財務会計業務を連携させた建設業統合管理システムを導入することで情報管理をし易くし、月次業務に関わる人を削減し更に時間も短縮できた
・予算管理を執行ベースで管理することでタイムリーな予実管理が実現でき、経営判断が役立つ情報が取れるようになった。
利用したシステムパッケージ
VIPS-21

Related News / 関連する記事

お気軽にご相談・お問い合わせください

「とりあえず話だけ聞いてみたい」「何をしたらよいかからアドバイスがほしい」というお客様もお気軽にご相談ください

メールでのお問い合わせ 022-797-3633

Back to Top